『げんきサポートクラブ』とは… 40~74歳までの健診を受ける機会の少ない方に、継続した健診のご案内、健康情報の発信など、中国労働衛生協会がサポーターとしてみなさまの健康の保持・増進のお手伝いをさせていただきます!!

健康経営支援事業のお知らせ

健康経営支援事業のお知らせ

健康経営とは

従業員の健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践し、企業価値につなげる経営手法です。

 健康経営では人を”資産”として考え、従業員の健康の保持・増進への取り組みを将来の収益性を高めると考えます。高い業績を上げ、ストレスに強い従業員がいる企業は「経営管理」と「健康管理」を総合的に捉えた「healthy company」と呼ばれています。従業員の健康管理(積極的な健康づくり)は労働安全衛生法69条における経営者の義務でもあります。

メリット
  • 生産性の向上
  • リスクマネジメント
  • 企業の社会的イメージアップ
  • 従業員自身の幸福の実現
  • 地域のインセンティブを利用可能

健康経営の実践手順

STEP
医療保険者などの「健康宣言」事業
に参加しよう
STEP
健康経営を実践するための担当者を
決めよう
STEP
具体的な対策の実施
できることからはじめよう
STEP
取り組みの評価・改善

具体的な取り組み例
・定期健康診断100%受診
・受診勧奨の取り組み
・特定保健指導の実施
・教育機会の提供
・適切な働き方の実現
・ワーク・エンゲージメント
・職場の活性化
・職場環境の整備
・病気の治療と仕事の両立
・食生活の改善
・運動機会の増進
・女性の健康保持・増進
・感染症予防対策
・長時間労働者への対応
・メンタルヘルス不調者への対応
・受動喫煙対策
・高齢従業員特有の健康課題への対応
・目標設定と評価方法の検討

  • URLをコピーしました!