『げんきサポートクラブ』とは… 40~74歳までの健診を受ける機会の少ない方に、継続した健診のご案内、健康情報の発信など、中国労働衛生協会がサポーターとしてみなさまの健康の保持・増進のお手伝いをさせていただきます!!

保健指導契約事業

特定保健指導とは

「メタボリックシンドローム」に着目して生活習慣の改善により生活習慣病の予防を目指す保健指導のことです。保健師、管理栄養士などが、食事や身体活動などの生活習慣を見直すためのサポートを行います(無料)。

「メタボリックシンドローム」とは

内臓脂肪蓄積型肥満(腹囲男性:85㎝以上/女性:90㎝以上)に「高血圧」「脂質異常」「高血糖」のうち2つ以上を併せ持った状態を言います。将来、心筋梗塞や脳梗塞のリスク因子となる動脈硬化を進行させる状態です。
ただし、生活習慣を見直すことで、予防・改善することができます。

  特定保健指導のメリット 

  1. 保健師、管理栄養士により直接サポートが受けられる
  2. 血圧や脂質、血糖などのデータの改善が期待できる
  3. それぞれのライフスタイルに合わせた取り組みの提案やアドバイスが受けられる
  4. 自分で目標を決めることができるので無理なく続けられる

   


  対 象         

40歳~74歳の健康保険加入者で特定健康診査の結果から生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善をすることで生活習慣病の予防効果が多く期待できる方。

※ただし高血圧症や糖尿病、脂質異常症の服薬治療をしている方は特定保健指導の対象になりません。

   


  特定保健指導のレベル  

健診結果に基づき、内臓脂肪の蓄積と生活習慣病のリスク要因の数に応じて2種類の支援レベルに分かれます。

支援レベル(決定)のフローチャート

支援の実際

●支援担当者
   中国労働衛生協会所属 保健師・管理栄養士

●面談所要時間
   30分程度

●費用
   医療保険者が負担します

●スケジュール例

オンライン型面談

遠方の方はオンラインによる面談にて特定保健指導を受けられます。
お気軽にご相談ください。

健診当日の特定保健指導

健診センターでは午前中の受診者さま限定で健診当日の初回面談を実施しています。お気軽にご相談ください。

【実施検診所】
 全検診所

保健指導機関情報

  • URLをコピーしました!
Contents